日本の危機管理には安定したエネルギー供給が欠かせません。しかし、原油と石油製品の輸入に頼っていては、エネルギーの安全保障は保てません。当社は、エネルギーの多様化を目指し、「シェールガス革命」で注目されているガス体燃料(天然ガス及びLPガス)を利用した車と発電機の普及に注力して参ります。新技術の導入と新しいビジネスモデルを創造することでシェールガス革命の恩恵を一般消費者が実感できる世の中にしたいと考えています。また、災害国である日本の政府は「国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)基本計画」を制定し、様々な危機管理と産業力向上に動き始めています。当社は災害に強いガス体燃料の利用拡大や再生可能エネルギー利用の高度化に向けた大型バナジウム蓄電池の普及を通じて、強くてしなやかな国作りに貢献したいと思います。その第一弾として平成26年度、平成27年度に経済産業省の構造改善補助事業として採択された「LPガスとディーゼル燃料を混ぜて走るトラックの開発とPR事業」を通じて、LPガス燃料の需要創造と燃料高に苦しむ中小の運送事業者の経営改善に向けたプロジェクトを展開中です。
今後ともニッチな分野での革新的事業展開を目指して参ります。